集成材の檜、杉、ヒバ、米松等の柱の単板貼り替え補修。
 
傷箇所の下地・表面処理を行い、柱全体の下地調整を施したのち、単板材を貼り合わせ仕上げます。

   
 
傷箇所の下地・表面処理を行い柱全体の下地調整を施した後、単板材を貼り合わせ仕上げます。

 
特殊な形状の白木集成材の貼り替えも当社独自の技術により可能となりました。 ※単板を剥離して下地調整後に単板の圧着をしますので自然な状態に仕上がります。

 
傷箇所の下地・表面処理を行い、柱全体の下地調整を施したのち、単板材を貼り合わせ仕上げます。

↑上へ戻る
Copyright (C) Heilen konig. All Rights Reserved.